アイフルでは、スタッフが在籍する店舗型のほか、スタッフが在籍しない自動契約機(無人契約でんわBOXてまいらず)の取扱いがあります。

ここでは、アイフルの自動契約機(無人契約でんわBOXてまいらず)の使い方、カードローンの審査に申し込んでお金を借りる方法、注意点をまとめてみました。

アイフルの無人契約でんわBOXのてまいらずとは?

アイフルでは、自動契約機として「無人契約でんわBOXてまいらず」を全国各地に店舗展開しています。てまいらずでは、どのような事が出来るのでしょうか?アイフルの自動契約機についてまとめました。

アイフルの無人契約でんわBOXてまいらずで出来る事とは?

アイフルでは、自動契約機として無人契約でんわBOX「てまいらず」を用意しています。てまいらずを利用すれば、申込み、契約、カード発行までをその場で行えます。

カード発行後なら、いつでもアイフルATM、提携ATMにて限度額に合わせてお金を借りることができます。即日でお金借りることも可能なので、急いでお金が必要な方にもオススメです。

無人契約でんわBOX「てまいらず」の設置場所と営業時間

アイフルの無人契約でんわBOXてまいらずの無人店舗台数は、全国875店舗を展開しています。(2018年3月時点)

店舗型よりも圧倒的に無人契約機の台数が多く、都心だけではなく地方の方でもカードローンに申し込むことが可能です。市街地に設置されている事が多いので、最寄りの店舗は公式サイトから確認してください。

※参照:https://www.ir-aiful.com/data/current/DB201803.pdf

アイフルの無人契約でんわBOXてまいらずの営業時間は、8:00~22:00(土日祝日含む)です。

店舗によって営業時間が多少異なるため、最寄りの店舗を探す際には営業時間もチェックしておきましょう。

アイフル「無人契約でんわBOXてまいらず」と他社の自動契約機との違いは?

アイフルの自動契約機の多くは1帖程度の個室になっており、テーブル、椅子、電話、スキャナー、カード発券機が用意されています。

アコムなど他消費者金融の自動契約機は、タッチパネル式が多いため、一見するとアイフルは簡易的な設備のように見えます。

アイフルの「てまいらず」は「電話オペレーター」による案内で進めていくことが特徴なので、機械が苦手な方には安心して利用することができます。

他社のタッチパネル式も必要事項を入力後に、オペレーターの方と会話をして審査を進めたり、室内に設置されている電話を手に取れば対応してくれますが、”最初から電話で対応”という点が他社とアイフルの違いになります。

アイフルの無人契約BOX「てまいらず」のメリット&デメリット

無人契約BOXてまいらずを利用するメリットは、申込から契約、カード発行まで、すべてその場で行え、提携ATMですぐにお金を借りることができるところです。

アイフルの無人契約機は、全国各地に店舗展開されているので、地方在住の方でも気軽に利用することができます。また、その場で契約書とカードを受け取れるため、自宅に郵便物が届く心配がない点がメリットです。

デメリットは、「てまいらず」に出入りするところを誰かに見られる可能性があることです。誰にもバレずにお金を借りたい方は、自宅近くや勤務先近くの店舗を利用する時に注意が必要です。

また、無人契約BOXとは言え、オペレーターの方と会話をしなければいけません。室内にはカメラも設置されているので、スタッフはその場にいないものの完全に1人ではないため、審査に通過するためにもコミュニケーションをきちんと取る必要があります。

アイフルの自動契約機の使い方&基本的な流れ

これまで消費者金融を利用した事がない方にとっては、無人とはいえ個室の自動契約機内に入ること自体、勇気がいりますよね。

アイフルの自動契約機は、一体どのように使えば良いのか?お金を借入するまでの基本的な流れと「てまいらず」の使い方をまとめました。

アイフルの自動契約機の基本的な流れ

アイフルの自動契約の利用を希望する方は、最寄りの無人契約でんわBOXてまいらずに足を運びます。

①申し込み手続き
まずは、カードローンの契約をするための申し込みを行います。申込みに関しては、てまいらず内に入室してからはもちろん、事前にインターネットで申込みをしておくことも可能です。契約機での時間を短縮したい方は、あらかじめネットで申し込み手続きを済ませておきましょう。

②審査・契約
提出書類をもとに審査を行います。アイフルでは、勤務先を確認するために「在籍確認」を審査の1つとして取り入れています。提出書類に不備がある場合、審査が通らなくなってしまいます。審査時間の目安は最短30分ですが、審査に時間が掛かる事もあるので、仕事の休憩時間などではなく、時間に余裕がある時の利用をオススメします。

③カードの受け取り
審査通過後は、契約成立となるため、借入可能となるアイフルカードを受け取ります。発券機から出てくるので、カードを手にした後はアイフルATMまたは提携ATMでお金を借りることが可能です。

④お金を借りる
アイフルでは、ATMのほかにもインターネットからの振込予約、電話での振込予約の利用が可能です。希望の銀行口座にお金を振り込んでもらう事ができ、受付時間によっては当日振込も可能です。

アイフルの無人契約BOXてまいらずの使い方

アイフルの無人契約BOXてまいらずは、中に入ると「ご利用中」と外側の壁が光るようになっており、自動でロックが掛かるようになっています。

アイフルの無人契約BOX「てまいらず」の中に入ったら、指定された番号が記載された数字をダイヤルして電話をかけます。

アイフルのオペレーターの方と繋がるので、案内に従って審査と契約を進めていきます。テーブルの上に契約書類があるので、記入をしたり提出を求められた書類をスキャナーに設置して読み込ませます。

審査のあと、通過すればテーブルの上にあるカード発券機でカードが発行されます。

てまいらずは、タッチパネル式ではないため、難しい操作が全くありません。わからない事は、その場でアイフルのオペレーターの方に確認しながら進めていくようにしましょう。

アイフルとの契約時に必要となる書類とは?

アイフルの無人契約BOX「てまいらず」の利用の際には、審査に必要となる書類を提出します。アイフルでは、借入プランごとに書類が異なるため、あらかじめ必要書類を確認して準備しておきましょう。

キャッシングローン、ファーストプレミアムカードローン

●本人確認書類
運転免許証またはパスポート、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、公的証明書類、個人番号。

※本人確認書類に記載の住所が現在の住まいと異なる場合、次のいずれかの書類原本1点が必要です。

・健康保険証、パスポート、年金手帳、母子手帳等の現住所が記載されている本人確認書類。
・電気、ガス、水道、固定電話、NHKなど公共料金領収書(直近2回分までのもので領収押印があるもの)。
・住民票、納税証明書、印鑑登録証明書など官公庁発行書類で氏名、住所、生年月日の記載がある書類(発行から6カ月以内のもの)。


●収入証明書
・アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
・アイフルの利用限度額と他社からの借入総額が100万円を超える場合
・就業状況の確認など、審査過程で提出をお願いする場合


収入証明書は、これらに該当する方のみ必要になります。

・源泉徴収票、住民税決定通知書、給与証明書、確定申告書、所得証明書のいずれか1点。

※給料証明書は直近2カ月分、住民税の記載がある場合は直近1カ月分のみで可になることがあります。賞与支給がある方は1年以内(夏、冬、各々)の賞与明細書も合わせて提出します。

事業者サポート無担保ローン

●本人確認書類
●収入証明書(確定申告書)
●事業内容確認書

※法人の方は代表者の本人確認書類、決算書2期分の収入証明書、商業登記簿謄本(発行日より3カ月以内)

事業サポートプラン不動産担保ローン

●本人確認書類
●収入証明書(確定申告書) ●事業内容確認書、不動産登記簿謄本(発行から3カ月以内)、公図、名寄せ台帳または国定資産評価証明書

※法人の方は代表者の本人確認書類、決算書2期分の収入証明書、商業登記簿謄本、不動産登記簿謄本、公図、名寄せ台帳または固定資産評価証明書

おまとめローン

●本人確認書類
●収入証明書類
賃金法に基づき、最新発行分コピー1部を次のいずれか1点から提出します。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与証明書
・確定申告書
・所得証明書

※他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、アイフルでの利用が50万円を超える契約を行う場合には、契約前に提出する必要があります。

目的別ローン

●本人確認書類
●収入証明書類


賃金法に基づき、最新発行分コピー1部を次のいずれか1点から提出します。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与証明書
・確定申告書
・所得証明書

※他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、アイフルでの利用が50万円を超える契約を行う場合には、契約前に提出する必要があります。

●見積書など
・冠婚葬祭・・・予約確認書、見積書、請求書、領収書
・医療・・・見積書、請求書、領収書、診断書、母子手帳
・日常生活・・・見積書、請求書、領収書、学生証、案内資料、免許証・自動車検査証、住民票・賃貸契約書
・レジャー・・・見積書、請求書、領収書

※目的の詳細によって必要な書類が異なります。

カード発行後に利用できる提携ATM

借入可能ATM

・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・親和銀行
・ローソン
・E-net(ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなどに設置)

借入のみ可能ATM

・福岡銀行
・熊本銀行

返済のみ可能

・ファミポート/ファミリーマート
・ロッピー/ローソン

ATM利用時の手数料

提携ATM(マルチメディア端末を含む)を利用する際には、手数料が発生します。


1万円以下108円、1万円超216円。
入金出金どちらにも手数料が掛かります。手数料の負担を抑えたい方は、アイフルATMを利用すれば無料になります。

アイフルの自動契約機を使う上での注意点

アイフルの自動契約機である無人契約BOXてまいらずを使う時に注意しておきたいポイントをまとめました。スムーズな借入をするためにも、利用を検討している方は、あらかじめ確認しておきましょう。

アイフルでお金を借りる為の申込条件

アイフルでお金を借りるためには、キャッシングローンの場合、満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方に限り契約を結ぶことができます。

定期的な収入とは、正社員に限らず、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど、雇用形態に関わらず収入があれば問題ありません。ただし、転職が多い方、勤務年数が短い方は、オペレーターからの質問や提出書類が増えることがあります。

また、取引中に満70歳になった場合は、新たな融資が出来なくなるため注意してください。その他、借入プランごとに条件が異なるので、来店する前に条件を満たしているか確認しておきましょう。

アイフルの自動契約機で即日融資を希望する方

アイフルの無人契約BOXてまいらずでは、即日融資にも対応しています。ただし、申込から契約までの時間は個人差があります。

審査に時間が掛かる時は、翌日以降の返信になってしまう可能性があるので、即日融資を希望する方は営業時間に関わらず、早めに申込みするようにしてください。

それから、すぐに借入しない方でもカードの発行は可能なので、今すぐお金を借りなくても、万が一に備えていつでも借入できる状態にしておく方もいます。

時間やお金に余裕がある時に、あらかじめカードを作っておけばいざという時にスムーズに即日融資してもらえます。

30日間の無利息サービスの利用とは?

アイフルでは、無担保キャッシングローンを始めて利用する方には、最大30日間利息が0円になるサービスを提供しています。

通常、アイフルの無担保キャッシングローンでは、年3.0%~18.0%の金利が掛かります。返済の時に、元金に加えて金利分の利息を支払う必要がありますが、無利息サービスを利用すれば返済の時の無駄な出費を抑えられます。

ただし、自動契約機を利用した方でも利用が可能となっていますが、事業サポートプラン、おまとめMAX、かりかえMAXは対象外となるので注意してください。

また、”契約日の翌日から30日間”が無利息期間となるので、借入の有無に限らず期間内に入ってしまうため、お得なサービスを無駄にしないように気を付けましょう。

カードレスでも借入できる?

アイフルでは、カードレスでの契約が可能となっています。スマートフォンやパソコンのインターネットから申込、契約を行う「web完結」のサービスを提供しているため、郵送物は一切なくカードなしでもお金を借りることができます。

指定する金融機関に振込をしてもらえるので、web完結を利用すれば誰にも見られる心配がありません。カードもなければ、不審に思われることもないので、家族や知人にバレたくない方は、自動契約機の利用よりweb契約の方がオススメです。

会社への電話確認を避けたい場合は?

アイフルでは、会社への在籍確認の電話を行っていますが、会社に電話をかけて欲しくない、時間帯を希望したいなど、さまざまな要望に応えてくれます。

また、プライバシーを考慮して、アイフルという会社名を名乗らず、個人名で電話を掛けてくれます。在籍確認に関しては、オペレーターの方に相談をすれば柔軟に対応してくれます。

アイフルの自動契約機を利用した人たちの口コミまとめ

アイフルの自動契約機を実際に利用した人たちの口コミをまとめました。良い意見、悪い意見どちらもピックアップしたので、これから利用する方は参考にしてみてください。

アイフルの自動契約機を利用した人の良い口コミ

・私用の電話が使えない職場だったので、申込みの時に在籍確認の電話を給料明細の確認で済ませてもらえました。親切な対応で良かったです。
・生年月日や在籍確認について聞かれたが、難しい質問はなくスムーズに契約を結ぶことができました。
・インターネットであらかじめ申し込みと契約をし、カード発行のために自動契約機を利用しました。限度額が希望より多かったので、オペレーターの方に相談して10万円に下げてもらいました。カードは思った以上に簡単に発行でき、その日のうちにお金を借りることができました。

アイフルの自動契約機を利用した人の悪い口コミ

・審査は30分程度で終わったものの、申込手続きを含めると1時間少し掛かったので、自動契約機よりアイフルはインターネットで申込みをした方が早いと思います。
・最寄りの契約ルームは、雑居ビルの中にあったので入りにくいと感じました。いざ、中に入ってしまえば、個室になっているので周りからの視線を気にする必要はありません。・待ち時間は苦にならないと思っていたのですが、審査に1時間半程掛かってしまい、狭い部屋の中で待機しなければいけないのが辛かったです。

アイフルの自動契約機の口コミ評価・感想

アイフルの自動契約機は、最初からオペレーターの方と会話をしながら進めていくため、ほとんどの方は迷う事なく、スムーズに申込み手続きから契約までを行っています。

てまいらずの無人契約BOXは、雑居ビルの中や他社の自動契約機と並んで設置されている事が多く、消費者金融を初めて利用する方にとっては、ちょっと怖いイメージがあります。

しかし、アイフルのオペレーターの方は丁寧に対応してくれるため、中に入ってしまえば安心できるはずです。

簡単で審査も通りやすいとアイフルは良い口コミが多いのですが、やはり審査での待ち時間に不満を抱えている方が多い傾向にあるので、忙しい日々を送っている方は、時間を無駄にすることのないweb完結の利用、または自動契約機を利用する方もあらかじめインターネットでの申込みを済ませておく事をオススメします。
MENU
TOP